* メディシナル研究所 ダウンロードサイト *
*

商品メニュー
*心にきく薬奏 *
*脳をよくする薬奏 *
*体をキレイにする薬奏 *
*薬 奏 *
*特効音薬 *
薬奏α波1/fゆらぎ *
*音薬療法 *
*ストレスフリー *

脳をよくする薬奏 


薬奏シリーズは、日常生活に於いて陥りやすいストレスを、認知心理学の面から分析・考案された暗示メッセージと、ここちよい音楽により癒して頂く心理・音楽療法です。




丸暗記

1.暗記の始まり
2.冴える脳
3.Silence
4.Pleasant Surroundings
5.支えの記憶
6.Ability To Rise
7.つながるエピソード
8.LTS(長期記憶)
丸暗記
*WINの方はコチラから

*MACの方はコチラから
¥1,800(税込み)

カートへ入れる

 
語学習得、受験合格に、頭が冴えるサブリミナル暗示で、丸暗記を有効に活用し成功へ大転換!

<効能>
暗記の達人になる。
暗記が楽にできるようになる。
頭が冴える。
頭の回転が良くなる。
集中がしやすくなる。

<聞き方>

どうしても暗記しなければならない事がたくさん有る時、小さい音量(微かな気にならない音量)でお聞きください。音楽とサブリミナル効果により、今までよりも集中してスムーズに覚えられるようになります。
2週間以上毎日のように繰り返し聞くことにより、今までよりも、暗記が楽にできるようになります。


【 耳に聞こえないメッセージの内容 】
1.暗記に夢中にさせる為のメッセージ。
2.記憶が大好きになる為のメッセージ。
3.いくらでも暗記できる為のメッセージ。
4.何時でも、記憶を思い出させる為のメッセージ。
5.集中している事が快感になる為のメッセージ。
6.頭が冴えたイメージになる為のメッセージ。


「丸暗記」で知能のパワーアップ
監修/解説:富田 隆(駒沢女子短期大学教授 心理学者)

「丸暗記」は脳力の基本パーツ
 これまで、「丸暗記」を軽視する風潮が世の中にはびこっていました。ところが、いわゆる「ゆとり教育」の失敗を踏まえ、「丸暗記」の重要性が再評価されつつあります。たとえば近年、IT分野におけるインド出身者の活躍には眼を見張るものがあります。アメリカはもちろん、ヨーロッパや我が国においてもほとんどの一流企業がインド出身のエンジニアや研究者を抱えています。そして彼らの数学的な優秀さの根底に「丸暗記」があることは新聞などのメディアが伝える通りです。例えば彼らは、子供の頃に二桁の掛け算(「九々」)を憶えてしまいます。この時点で、彼らの計算能力は日本人の何十倍にもなっているわけです。これをコンピュータのCPU(中央演算装置)に例えるなら、8bitプロセッサと256bitプロセッサくらいに処理速度が違うわけです。いくら「考え方」や「理解力」「創造性」が大切といっても、そもそも考える速度や理解する速度、新しいことを発想する速度がまるで違っていては勝負になりません。しかも、数学に限らず、語学や自然科学一般においても、基礎的で繰り返し使う概念や能力ほど「丸暗記」するしかないのです。
「丸暗記」は確実にあなたのCPUをグレードアップします。

ひたすら全身で繰り返せ
 「丸暗記」にはコツがあります。代表的なものを3点紹介しましょう。
(1) 「雑音(ノイズ)」を徹底的に排除する
眠る前に憶えたことや起きぬけに憶えたことは忘れにくい、というのは事実です。それは、憶えようとする情報に「干渉」する邪魔な情報(雑音:ノイズ)がないからです。余計な情報やまぎらわしい情報、興味や関心を引き付ける情報が記憶に「干渉」するのです。できるだけ、丸暗記以外のことをしてはいけません。「気分転換」などと言って雑誌やTVの情報に触れるのも有害です。常にこのCDを低音量でかけておくことにより、周囲の雑音(ノイズ)をシャットアウトしましょう。
(2) 身体を動かし、5感を活用して記憶を刻みつける
「声」に出して憶える。これは昔から知られている有効な暗記法です。文字に「書く」のも効果的です。同様に、自転車の乗り方や泳ぎ方、ノコギリのひき方やキュウリのきざみ方など、身体で覚えたことは忘れにくいのです。脳は全身の神経や筋肉につながっており、これらを動員して形成された脳内の総合的なパターンはちょっとやそっとでは消えません。暗記内容をヴィジュアルなイメージに結びつけるのも良いでしょうし、身体を動かして身振りやポーズなどと組み合わせるのも賢いやり方です。あなた独自のやり方を工夫してみましょう。
(3) 必要以上に「繰り返す」
火災などの危険な現場では、ベテランの消防士であってもパニックに近い精神状態となるため、覚えていたことを忘れ、頭が真っ白になることがあるのだそうです。これを防ぐために彼らがやっていることのひとつが「過剰学習」です。「完全に憶えた」と思っても、そこで止めずに、さらに練習を繰り返すのです。そうすると、上記のような極限状況で頭が真っ白になっても身体が思い出してくれるのです。これを丸暗記に応用しましょう。一応、憶えたと思ったら、少し時間を置いて、「しつこく」もう一度憶え直すのです。繰り返しは丸暗記の強い味方です。

丸暗記したくなる
 この「薬奏CD」には、丸暗記することに自信を持ち、楽しみ、集中するための「サブリミナル暗示(subliminal suggestion)」が満載されています。これらのメッセージは心理的防衛機制の障壁を潜り抜け、潜在意識に直接作用して、丸暗記する際の作業効率を高めるはずです。こうして、いったん丸暗記への積極的な「構え(set)」が出来上がると、後は自然に成功体験がついて来ます。そして、成功を重ねれば重ねるほど丸暗記の力は強化されていきます。脳の中で成功体験の「フィードバック環(feedback loop)」が回転を始め、記憶することへの自信がわいてくるはずです。 「行動なくして結果なし」 あなたも勇気をふるってチャレンジしてください。




*

Copyright (C) GENIC INC. All Rights Reserve.

* * *