* メディシナル研究所 ダウンロードサイト *
*

商品メニュー
*心にきく薬奏 *
*脳をよくする薬奏 *
*体をキレイにする薬奏 *
*薬 奏 *
*特効音薬 *
薬奏α波1/fゆらぎ *
*音薬療法 *
*ストレスフリー *

脳をよくする薬奏


薬奏シリーズは、日常生活に於いて陥りやすいストレスを、認知心理学の面から分析・考案された暗示メッセージと、ここちよい音楽により癒して頂く心理・音楽療法です。




学力向上

1.知への旅立ち
2.Fantasy Of Atlantis
3.Quietness
4.Cnossus Palace
5.Infinity Space And Time
6.Synapse And Neuron
7.An Inheritance To The Future
8.Moonlight
9.Clear Head
10.知的快感

学力向上
*WINの方はコチラから

*MACの方はコチラから
¥1,800(税込み)

カートへ入れる

 
<効能>
精神安定、知的好奇心強化、頭が冴える

<聞き方>
苦手な学科等を勉強する時、ここち良いと感じる音量でお聞きください。音楽とサブリミナル効果により、勉強が楽にできる様になります。
勉強する時、BGMとして2週間以上繰り返しお聞きください。今までよりも、勉強が好きになり学力が向上します。
またサブリミナルは5秒の繰り返しです。1曲を繰り返し聞いてもサブリミナルは十分効いたことになります。


【 耳に聞こえないメッセージの内容 】
1.勉強する事が好きになる為のメッセージ。
2.集中力を高める為のメッセージ。
3.知的好奇心を高める為のメッセージ。
4.脳を活性化する為のメッセージ。


学ぶことが「好き」になり楽しくなる
監修/解説:富田 隆(駒沢女子短期大学教授 心理学者)
「学力」というものは総合的なものであり、単に知能指数の高さとか、学習時間の長短とか、特定のひとつの要因によってきまるものではありません。もちろん、学習をするための環境は整っていた方が良いわけですし、教材の質も高いにこしたことはありません。教材のプログラムが、学習する個人に適したものであることも大切です。また、ものを学ぶということもある種の技術ですから、「ものごとの学び方を学ぶ」ということも必要です。さらには、身体のコンディションをベストに調整することも大いにプラスになります。そして何よりも、学習者自身が学ぶことの「意味」を納得していなければなりません。自分は何のために学ぶのか?今、勉強しているこの科目が、自分の夢をかなえるために、どのような形で役に立つのか?「学ぶことの意味」を自分なりに納得することは、学習の動機を高めます。このように、「学力」を高める要因は数多くあり、それらは相互に絡み合いながら効果を発揮するのです。
 したがって、学力を向上させるための具体的な方法もまた、多種多様にならざるを得ません。ちょうど、山に登るルートが何通りもあるのに似ています。教材や意味といった部分は、各自におまかせすることとして、このサブリミナルCDでは、学習者の心理的な側面、特に、情緒や意欲といった要因に焦点を当て、この課題にアプローチしています。
 単純化して言えば、このCDは「学ぶことが好きになる」ように設計されているのです。昔から「好きこそものの上手なれ」という諺があるように、人間は自分の好きなことには苦労をいとわず打ち込みます。日頃、朝寝坊で遅刻常習犯のサラリーマンもゴルフにでかける日は誰よりも早起きになります。誰かを好きになり恋に落ちた若者は、あらゆる障害を乗り越えて頑張るのです。ですから、仕事であれ勉強であれ、成功の秘訣は、まず、その対象を「好きになる」ことなのです。
 近年、こうした情緒や意欲のコントロール能力が再評価され、ビジネスの世界などでも、これまでの「IQ」(知能指数)に代わって「EQ」(感情能力指数)が重要視されるようになってきました。そして、生まれつきの素質やIQを変えることはそう簡単にできるものではありませんが、学ぶことを好きになるのは、比較的容易にできることなのです。しかも、その効果はすぐに、はっきりした形で現れます。有害な副作用もありません。
 このCDを、あなたがBGMとして何度か聴いているうちに、ごく自然な形で「学ぶことが好きになる」ような心理的暗示が、あなたの潜在意識に入力され、蓄積されていきます。そして少しずつ効果を発揮するようになるのです。このCDを上手に活用することで、あなたの心の底に眠っている素晴らしい潜在能力を引き出し、開花させてください。学ぶことが好きになり、楽しく感じるようになったあなたには、洋々たる未来が広がっているはずです。



*

Copyright (C) GENIC INC. All Rights Reserve.

* * *