サブリミナル効果 解説 最新ページへ

サブリミナル効果 解説

*サブリミナル効果とはどういうものか?

 サブリミナル効果とは、サブリミナル・プログラミング法[電通発行の広告用語辞典より:認知閾下の強さ(早い速度、小さい音)で露出する方法]を用い、潜在意識を活性化することをいいます。
 フロイトが、人間の心は2層(潜在意識と顕在意識)からなることを明らかにして以来、心理学者の研究は進められ、潜在意識は、幼少時、思春期、そして現代に至るまでの思い、性質、性格、能力などの気質となる部分。一方の顕在意識は、物事を選択・決定し、欲望を形成・創造する本質的な部分。双方の働きにより人は、その人らしい行動を司っているいわれています。またユングは、潜在意識について、「人が、これが自分自身だと思っている意識の部分は海面上に突き出た氷山の一部分に過ぎず、実はその何十倍もの潜在している意識が、海面下に存在している。」と、潜在意識がいかに大きく、計り知れないものであるかを、述べています。
 その潜在意識を、アメリカでは心理学の研究により、否定的なものから肯定的なものに変える各種の治療方法が開発されて来ました。その中の一つの方法として、サブリミナル法があります。1969年、月面「静の海」に着陸したアポロ11号宇宙船飛行士の精神強化訓練に、サブリミナルを用い成功を修めた事により、多方面での開発が始められました。その後、オリンピックのスポーツ選手の精神強化・集中力強化訓練、大学生の進級率向上、リューマチ、頭痛、癌等の慢性痛軽減化などにも効果を上げています。また最近アメリカ、カナダでは、サブリミナル制作会社が2000社に達し、その市場規模は5000万ドルとも見積もられ今や一大産業となっています。また書籍出版で、W・ブライアン・キイが、広告にも人の意識をひきつける手段として用いられている事を暴いたことにより、世界中の反響を呼びました。


*サブリミナルは、なぜ効果があるのか?

<判断力がなければ、素直に情報を受け止める>
 正常な人の回りに10名の人に輪になって取り囲んでもらい、その10名の人が「あなたは、とても元気だ。」と続けて10分間言ったとします。そうした場合、輪の中の1名の人はどうなるでしょうか。 人により行動は違い、「うるさい。」とすぐに怒る人、耳をふさぐ人、我慢強く耐えてる人、といろいろかと思われますが、たいていの人の場合は、良く思わないでしょう。



 しかし、判断力のない人(実際にはそんな人は、いませんが)だったらどうでしょう、素直にいい気持ちになり、自分がとても元気に感じてきてしまう事でしょう。



<判断力がない>=<潜在意識に情報が伝わる>
 上記の仮定を、心の顕在意識(物事の判断をする部分)と潜在意識(性質、性格、能力などの気質をとなる部分)とにわけ解説すると。正常の人の場合は、まず言葉は、顕在意識で受け止められ、すぐ潜在意識と連結し、両意識により思いを形成します。そして、人により様々な行動をとる事になります。
 しかし、上記の”判断力のない人”の様に顕在意識が存在しないとすれば、言葉はすぐ潜在意識で受け止める事になり、気持ちに変化が現れる様になります。
 サブリミナル効果とは、この様に”判断力のない人”に情報を伝えるのと同様に、顕在意識をす通りし、性質、性格、能力などの気質となる潜在意識にダイレクトに伝える事ができる特殊なサブリミナル・プログラミング法を用い、気持ちに変化を与える事なのです。

*通常の場合*
*サブリミナルの場合*

 そして、サブリミナル効果を有効に利用すれば、性質、性格、能力などの好ましくないネガティブな部分にも働きかけますので、ストレス解消・体調の回復・能力開発までも可能となります。当シリーズにおいては、サブリミナル・プログラミング法として音楽の中にナレーションを、50分間で3千6百万回、聴感上聞とりにくい音量、周波数、速度で挿入し制作してあり、その音楽に挿入した(耳に聞こえない)ナレーションが、潜在意識を無限に活性化し、自分自身が望んでいるタイトルの状態を、自然に、短時間で作って行きます。


  HOME MARK  ホームページへ