不安ストレス解消 Uneasy Stress Cancellation

PRODUCT INFO NOW ON SALE

¥5,000以上ご注文で、全国一律送料無料!

  • ダウンロード版:¥1,500(税込)
  • アルバムCD版:¥2,376(税込) 期間限定価格:¥2,052(税込)
  • ダウンロード購入
  • アルバム購入

TRUAK LIST TRUAK LIST

心地よい音楽ストーリーが、不安ストレスを解消してくれるでしょう。

忙しい現代社会を生き抜く人々に、短い時間でもリラクセーションとリフレッシュが体験できる作品として推薦したいと思います。

監修/解説:熊野 宏昭

ストレス社会の現代

現代社会は将にストレス社会と言えるでしょう。そしてストレスがたまると胃が痛くなったり、下痢をしたり、頭が痛くなったり、元気がなくなってしまったりすることは、今や子供からお年寄りまで国民的な常識になっています。その一方で、なぜ、ストレスがたまると身体の具合まで悪くなるのかというと、それはあまりよく理解されていないことが多いのではないでしょうか。

それは、ストレスがたまった状態が、心身の慢性的な緊張状態をもたらし、それによって、自律神経系・内分泌系・免疫系といった身体のホメオスタシスを保つシステムに破綻が生じ、その結果身体のあちこちに異常が生じると考えられているのです。

そこで、ストレスの影響を緩和するために、この緊張状態を解消する「リラクセーション法」が注目されるようになってきたわけです。リラクセーション法と言うと、マッサージ、鍼灸、リフレクソロジー、ヨーガ、アロマテラピー、など様々な方法が活用されていますが、誰でも手軽に活用できるものとして、音楽を連想する方も多いのではないでしょうか。

音楽効果を専門にしている立場から音楽療法に行き着いたという植地雅哉氏がプロデュースした「薬奏α波 1/fゆらぎによる緊張ストレス解消」では、将にこの緊張の解消が狙いになっています。

α波や1/fゆらぎとリラクセーション

ちなみに、シリーズの名前にも入っているα波や1/fゆらぎとリラクセーションとの関係はどのように理解すればよいでしょうか。α波は気持ちよくリラックスしている時に多く認められる1秒間に10回前後波打つきれいな波形の脳波ですが、どの程度目が覚めているかという「覚醒レベル」と直接的な関連があります。

緊張している時は、カッと目が覚めた状態で、α波は少なくなりますが、その一方で、リラックスしすぎてうとうとし始めると、またα波は少なくなってしまうのです。つまり、α波の多い状態というのは、緊張はないけれど眠気もないといったスッキリした精神状態に対応しているわけです。

一方、1/fゆらぎとは、自然の中にある様々なリズムに認められる変動パターンのことです(ローソクの炎が風にゆれている感じです)。このゆらぎが生体内の様々なリズムにも認められることが、自然の中に抱かれ、小川のせせらぎ、風のざわめき、波の音などを聴くことによって気持ちよさが引き起こされる理由の1つと考えられています。

また、多くの人に好まれる音楽の周波数が1/fゆらぎになることも多いのですが、そのような場合には、「「意外性」と「期待性」とが拮抗して、適度な緊張感があってさわやか」になると、ゆらぎ研究の第一人者である武者利光氏は言っています。

本作品について

本作品は、せせらぎの音や鳥のさえずりなどの自然音が全編に用いられており、音楽もそれに合わせて織り込まれている印象を受けます。植地氏の説明によると、「音楽の構成を時間経過的ストーリー仕立てにし、森の中を歩く、古道を歩く、自然と触れ合うといった具合に、曲の展開に伴って、場面が変化し、周りの状況が変わっていく」、そして、その中で、「音楽の季節を春に設定し、実際に季節が変わるのと同じように、音楽イメージで緩めてリラックスへと導いている」という工夫がなされているようです。このことは、全編に1/fゆらぎを行き渡らせる効果があるように感じられます。

実際に聴いてみると、早春の煌きの中を森に分け入っていくような情景が広がってくるように感じますが、それには曲名がとてもうまく付けられているということも関係しているのかもしれません。

そして、時々ハッと気を引かれるような曲目展開に耳を傾けていると、いつの間にか優しい春の光の中で身体全体の緊張がほぐれていくような気持ちになってきます。身近な人にも聴いてもらったところ、「さわやかで、パソコン仕事も捗る感じ」と言っていましたが、それはちょうど上で説明したように、α波が増えて適度な覚醒レベルになっている状態と考えられるでしょう。

忙しい現代社会を生き抜く人々に、短い時間でもリラクセーションとリフレッシュが体験できる作品として推薦したいと思います。

不安ストレス解消の活用方法

リラクゼーションBGMとして、いつでもどこでもお聴きください。眠くならずにご利用できます。
さらには2週間以上毎日のように繰り返しお聞きください。今までよりも不安ストレスが解消するでしょう。

気に入った方々

この春まで救急部・HCUを担当していました。自宅にいても緊張感がとれず、常に疲労感と焦燥感を感じる毎日でした。そのため、この2年間は毎日のアルコールが欠かせない状態だったのですが、このCDを聞くようになってから、ぴたっと飲みたくなくなりました。そのかわり、家に帰るとすぐにこのCDを流しています。とても、落ち着いて安らいだ気持ちになります。それは、アルコールなどの不自然な感覚ではなく、自然で心地良い感覚で、この仕事をするようになってから感じたことのないものでした。今まであまり音楽には興味が無かったのですが、それ以来他の音楽も聴くようになり、音楽療法の効果に驚いています。今後、音楽療法についても勉強したいと考えています。

【看護師 女性 48歳 岐阜県】

仕事上のストレスから昨年28年間勤めた会社を退職しました。その喪失感は想像以上に強く、退職と同時にうつ病のため通院、薬(パキシル)を1錠づつ服用するようになりました。経過はよく悪化することもなく1年経過したので薬を半分に減らすことにしましたが、やはり不安で以前から利用していた薬草シリーズの不安を解消してくれそうなものを選び購入しました。やはり時折ネガティブな気分や不安感に陥りそうになりますが、薬の量を増やすことなく何とか快方に向かっているのもこのCDの助けが大いに有効だったからだと思っています。パキシルは脳内のセロトニンの分泌に関わる薬ですが、化学物質を体内に入れることなく働きを正常にしてくれる音楽があったとしたらすばらしいと思います。

【主婦 女性 47歳 長野県】

うつ病と診断され自宅療養していました。薬は眠くなるばかりで気持ちは憂鬱。変化なく薬を2回変更して効果現れず、病院には期待が持てなくなり、このCD を試してみました。家にいるとイライラや不安が増すので仕事を探し、パートが見つかり働き始めました。朝の憂鬱は続きましたが、イライラ感や不安感は以前と比べ減ってきた気がします。CDの効果だと気づいたのは1.2ヶ月たってからです。仕事をしたくなるとは思ってもみなかったので効果は早くから現れていたのだと思います。くよくよしたり長く落ち込むことはなくなりました。プラス思考に変わったとまではいえませんが、良くなってきています。

【看護師 女性 44歳 沖縄市】

アルファー波がでているのか定かではないが、癒され、リラックスできた気がした。このCDは、ストレスや最近あった嫌なことも忘れさせてくれた。心のもやもやが一気に吹き飛び、そこにはとても静かで穏やかな風が流れていた。まるで、現実世界から夢の世界へ誘いこまれたようだ。琴やフルート、ハープなどの美しい音色が柔らかいメロディーを奏でている。時折、織り交ぜられている波の音によって、自然に囲まれた空間にいる気分に浸ることができた。心地よく力が抜けてくることで、肩の荷が下りたよう。おかげで元気が沸いてきた。この音楽は、普段仕事が忙しくゆっくりと休みたいのに休む暇さえない、そんな人にぜひとも聴いて欲しい。就寝前に聴くのも安眠できそうなので良いでしょう。

会社員 女性 22歳 神奈川県

名前からくるイメージ通りの曲でした。1曲目「夕暮れ」から始まり、「小魚と波」、「平穏」と続きます。波の音を旨く使用していることで、穏やかさが体に染み渡るのを感じました。タイトルを知らずともその状況が浮かび上がるような、素晴らしい楽曲です。ずばり『不安ストレス解消』とタイトルで記しているだけあって、本当に効果が感じられました。この曲を聴きながら眠れたら、どんなに気持ちよく眠りにつけることでしょう。  終盤では、「ロマンス」、「魚のダンス」、「光線のマジック」を想像を膨らませながら聴きました。これらの楽曲では、美しさだけでなく、可愛らしさも表現されているようです。

学生 女性 20歳 東京都