制作者からの重要なコメント

植地雅哉(日本音楽療法学会会員 セラピスト)

1.このサイトのCDは、心理学者を中心に色々な専門家にご協力していただき、さらには精神看護学の先生からご助言を得、各タイトルがご満足得られるように制作してあります。
もしサイトの中に貴方に当てはまるタイトルが有りましたら、是非お試し下さる事をお奨めします。

2.CDは聞く必要を感じたとき聞いて、聞いているときに気持ち良くなると、効果が現れます。そして、毎日のように聞いていると、いつの間にかそのストレスの事を忘れてしまうようになります。
ですので、“気持ち良くなる事”が大前提です。
新鮮に聞ける事も重要です。
そして、特に成しとげたいタイトルは毎日のようにお聞き下さい。二週間ぐらいで以前と違う自分に気がつきます。
またサブリミナルは5秒の繰り返しです。1曲を繰り返し聞いてもサブリミナルは十分効いたことになります。

3.MP3は、高域も低域も部分的にカットされてしまいCDより音質が悪いですが、圧縮率を高くしなければ(音楽モード192kbpsであれば)大丈夫です。薬奏は、高域、中域、低域のどの音域にも平均的にサブリミナルが入っていますので、高域、低域のある部分がカットされたとしても、ほとんどのサブリミナルは生きています。
カセットは、再生ヘッドがよごれたり、使いふるしたものでないかぎり問題ありません。
だだ、MP3プレーヤーで再生すると、曲間が1~2秒空きますので、Apple/iTunes等のパソコンソフトで曲間ナシの設定をして下さい。